この度、地元住民、また、地元警察署等からの要請もあり令和3年か月待の滝(滝壺及びその下流域河川)での川遊びをする方の、もみじ苑(私有地となります)内への立ち入りはお断りする事と致しました。

本来、この地でもみじ苑を開店した経緯には、この素晴らしい滝を沢山の人に見て頂きたい、この滝の自然に親しんで帰ってもらいたい・・という強い思いがあり、客なんて来ない・と言われたこの地での開店を決意致しました。

以来、もうすぐ40年になるほど長期にわたり、皆さんに成長させて頂きました事、感謝しかありません。

しかし、なかなか事は思うように運びません。連休やシーズンになると大勢の御客様がこの滝ともみじ苑を目指して来るようになりました(それ自体は本当に、大変有り難いことなのですが・・)。

特に令和2年の夏はコロナ禍により各地で海が閉鎖され、川での遊びも制限された人達がネット検索で月待の滝で川遊びが出来る・・と、多くの家族連れ等がこの滝を目指して押し寄せました。駐車場は当然満車になり、その空き待ちの車が近所の庭先、駐車場や空き地、民家の門場の前までも塞いでしまい住民が出入り出来ない事態になりました。又道路は空き待ちの車で片側車線が動かなくなり、その列はJRの踏切をも挟んで数百㍍にも達しました。当然警察署からもパトカーが連日出動し大変な騒ぎになってしまいました。近隣住民からは電話で(何とかしろよ・・、なにやってるんだよ)と、苦情やお叱りの電話も沢山頂きました。又、警察署員からも連日のように対応を取るように要請されました。

以上のような令和2年の状況と、先頃には滝壺の上部からの大きな立木(倒木)の落下等もありました。幸いケガ人は居りませんでしたが、もし家族連れが滝壺で遊んでいたら・・と思うとゾッと致しました。このような事情からも、今後の立ち入りの制限につきましてご理解、ご了承頂ければ幸いです。

※ なお、滝見物、滝裏見物等は今までどおり出来ますのでぜひ、マイナスイオンを浴びにお出で頂きたく御来店お待ちしております。

               令和4年4月22日   月待の滝もみじ苑   苑主 大関 仁

+4

TV・メディア
出演情報
はこちら